WORK

【実体験あり】フリーランスエンジニアに必要なスキル4つ

フリーランスエンジニアにはどんなスキルが必要なんだろう?
今のスキルでフリーランスになれるのか、どのくらい稼げるの?

今回はこういった疑問に答えます。

「自由度の高い働き方をしたい」「収入アップしたい」など、
フリーランスエンジニアを目指す理由はそれぞれだと思います。

ですが、実際にフリーランスエンジニアに必要なスキルは分かりにくいものです。

現役フリーランスエンジニアである僕が、ぶっちゃけたところを解説していきます。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアは仕事を選ぶ際も、働き方も自由度が高いです。その分、サラリーマンと違って必要なスキルや知識が必要になってきます。

フリーランスエンジニアになって成功するために、必要なスキルを4つ紹介しますね。

フリーエンジニアに必要スキル①【ITスキル(技術力)】

まずは、ITスキル(技術力)です。フリーランスエンジニアになるには、やはり最低限ITスキルは必要になります。

じゃあどのくらい必要なの?となりますよね。

これは僕自身の経験から、エンジニアの種類にかかわらず「2年くらいの実務経験が必要」と思っています。

僕自身、フリーランスになる前は、1年9ヵ月サラリーマンエンジニアとして働いてました。

そして、周りのフリーエンジニア仲間の話を聞いてみても、おおよそ2年くらいはサラリーマンとして働いている人がほとんどです。

逆に、6年働いてからフリーランスになったって人もいましたが、「もっと早くフリーランスになっておけばよかった」と言っている人もいます。

フリーランスだと採用側の企業に対して、エンジニアの実力を一番伝えやすいのは実務経験です。

実務経験を伝えるのに職務経歴書というのを作ると思いますが、どういった技術をどの期間扱ってきたのか、その案件で得られたことなど簡潔にまとめることが重要です。

もし実務経験が少ない場合は、ポートフォリオがあると良いです。実力が客観的に示せ流ので説得力があります!

フリーエンジニアに必要スキル②【セルフマネジメント力】

さて2つ目は、セルフマネジメント力です。

納期までに一連の業務をこなすためのタスク管理、1日のスケジュールを自ら決めて行動するセルフマネジメント力が必要です。

「フリーランスは自分で案件を選んで、働く場所も選べて、自由が多いし最高!」ってイメージが強いですが、自由ということはそれだけ自己管理能力も必要なんです。

特にリモートワークをする場合は、セルフマネジメントができない人には縁がない話となってしまいます。

最終目標としては「どこにいても働ける」があると思いますので、リモートワークができるかどうかを左右する「セルフマネジメント力」はとても重要です!

フリーエンジニアに必要スキル③【コミュニケーション力】

3つ目はコミュニケーション力です。

仕事でいう、コミュニケーション力とは、「伝える力、理解する力」の両方です。

何でもそうですが、ある程度慣れが必要です。現時点でコミュニケーションが苦手という人は、「伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】」という本を読みましょう。

伝えるのが下手な人は理解するのも下手です。

ですので、伝える力を磨くべきです。どうやったら分かりやすく正確に伝えられるのか。「伝え方が9割」で学ぶことができますよ。

そして営業力ですが、フリーランスには会社という後ろ盾がないので、自分自身という人材をアピールして仕事を獲得する力が必要になります。

ですが、実はフリーランスエージェントを利用すれば営業力は必要ありません。フリーランスエンジニアとしての経験が浅く慣れない場合や、営業に自信がなければ上手に活用するといいです。

希望の案件紹介や顧客との交渉、スキルシート作成のアドバイスなど行ってもらえるメリットもあります。

エージェント案件紹介サービスは、フリーランスエンジニアになりたいけれど、営業には自信がない、営業まで手が回らない、という方は、ぜひ利用したいサービスです。

フリーエンジニアに必要スキル④【確定申告・社会保険の知識】

4つ目は確定申告・社会保険の知識です。サラリーマンだと社会保険の公的手続きについてはあまり意識したことがないと思います。

納めるべき税金は毎月の給与から天引き、年末調整は書類さえ提出すれば、あとは総務部などが手続きをしてくれてますよね。

ですが、フリーランスの場合は、この辺の手続きを自分でやる必要があります。ですので、確定申告、健康保険、国民年金については知識が必要です。

といってもそこまで難しくありません。ぶっちゃけ、ITスキル(技術力)を身につけているあなたなら、ほんとに簡単だと思います。

僕の場合も、税理士YouTuberと確定申告の本1冊で勉強しました。

確定申告も会計ソフトを利用すれば会計(簿記)の知識なくてもスムーズに申告書類を作成できます。

今のスキルでフリーランスエンジニアになれるのか?

ここまで読んで、フリーランスエンジニアに必要なスキルは大体わかったと思います。

ですが、フリーランスエンジニアの誰にでも当てはまるスキルの紹介ばかりでしたよね。

だから、やっぱり不安って人が多いと思います。

実際どのくらいの単価が取れるかわかるまでは、そのような気持ちになってしまうと思うのです。僕自身も、フリーランスになる前は技術力も営業力もどのくらい稼げるのかも、全て不安。不安なことだらけでした。

で、「その不安をどうやって解決したのか」と言いますと、レバテックフリーランスに話を聞きに行ったことです。ネットでは色々な情報が落ちていますが、正直どこまで調べても不安だと思います。

ですので、まずは行動してみましょう。レバテックフリーランスなら、無料で話を聞けますし、実際に案件があるのか、いくらなのかなど明確に分かります。

僕は、単価60万の案件をいくつも紹介してもらい、結果的に最初は55万で受けることになりましたが、当初の収入に比べると2倍くらいになりました!

結論、人それぞれ経験も違うし、技術力も違います。最終的には自分で話を聞きにいくのが一番手っ取り早いと思います。どうせ無料なら、まずは話だけでも聞きに行ってみましょう!

まとめ

フリーランスエンジニアに必要なスキルは4つありましたね。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

・ITスキル(技術力)
・セルフマネジメント力
・コミュニケーション力(営業力)
・確定申告・社会保険の知識

ここまでは、ある意味一般論でした。

「今のスキルで自分はフリーランスエンジニアになれるのか?」については、人それぞれ経験、技術力が違うので分かりません。という答えになってしまいます。


ですので、ますは行動!

行動と言ってもレバテックフリーランスに話を聞きにいくだけです。

自分の未来を明るくできるかは、少しの行動をすることができたか、少しの努力をすることができたかで大きく変わってきますよ。

この記事を読んでフリーランスエンジニアの仲間が増えたら嬉しいです。