Lステップ活用法

導入するだけで差別化できるLステップの導入メリット5選

最近Twitterで話題になっているLステップの導入メリット5選についてお話ししていきます。

あとむ
あとむ
そもそもLステップってなんだ?って人は最後まで読むだけでLINEでこんなことができるの!?って驚くと思います。

まだまだ知っている人が少なくて、先行者利益がすごいのでいち早く気づいてLステップの優位性を知ってもらいたいところです。

メリット1:商品販売の仕組み化でLINEが自動販売機になる

まずはLステップを導入することで、商品販売が仕組み化できるメリットがあります。

高額商品を取り扱っている場合は個別相談までを自動で誘導!10万円くらいまでの少額商品なら、それこそLINEに集客するだけで売れる自動販売機になります。

つまりは、DRMを使ったリストマーケティングがLINEできるんです。

DRMと言ったらメルマガでしたが、
LINEと比較すると

・開封率が低い(データでは1/20と言われています)
・登録するハードルが高い(メアド入力って気が引けますよね)
・誤入力や迷惑メールなどでメールが届かない

などデメリットがあります。

それに比べてLINEは現在8600万ユーザーが利用しており、日本でスマホを持っていたらほぼLINEは使っているという状態です。YouTubeが6600万人、Twitterが4500万人、インスタが3300万人くらいの利用者数なので、圧倒的にLINEは使われています!

あとむ
あとむ
もちろんLステップで仕組みを作るのには、マーケティングやデータを取るための設定が必要ですが、リーチ数が全然違うから売れちゃうよねという感じです。

メリット2:LINE内で自社アプリが作れて圧倒的差別化

リッチメニューというのがLINEでは使えますが、Lステップを導入すると小さなホームページのようにメニュー遷移ができるようになります。

さらにはセグメント分けでメニュー切り替えもできるので、例えば、会員限定のページを作成することができます。ジム会員の料金でメニューを分けたり、お店によくきてくれる人限定のメニューに変えたり、アイデア次第でほとんどのことができてしまいます。

あとむ
あとむ
あとは、Lステップの機能で応用することで恋愛占いや転職適正診断などを導入することもできますし、シミュレーションゲームを作ったりもできますよ!

通常スマホアプリ構築には費用がかかってしまいますし、何より作ったけど登録されないとか発生する可能性もあります。しかし、LINEであれば友だち登録して貰えばいいだけなので、圧倒的にハードルが下がり普及率が高くなります。

LINEであればスマホ持ってれば使っているレベルなので利用者は集まりやすいってことですね。

こういった機能をLINEで使っているのは本当にごく一部ですので、Lステップマーケターに構築依頼をすれば、圧倒的差別化になるわけです。

メリット3:顧客の見える化で分析・マーケティングが容易

Lステップには顧客情報の見える化ができる機能がついています。

LINE公式アカウントだけでは、どの友だちが誰なのか全くわかりませんが、Lステップは違います。性別や年齢はもちろん、自分が聞きたい情報を丸々管理できてしまいます。

どうやったらその情報を聞き出せるのか考えるマーケティング要素は必要になりますが、顧客の見える化は思っているよりも効果絶大です。

あとむ
あとむ
どういったお客さんが多いのか、どういった発信は反応が悪いのか、どういう人が商品を購入しているのか、などなど友だちの全てを丸裸にできます。

その情報を知ってどう改善していくかが大事ですが、何も情報がない手探りで発信・セールスするのと比べたら圧倒的有利になれますね。

メリット4:セミナーや来店後のアフターフォローを仕組み化できる

セミナーの受付をQRコードの読み込みで完結させ、セミナー終了後のアフターフォロー、セールスも仕組み化できてしまいます。一度設定しておけば、別のセミナーでも使い回しできるため、人件費を圧倒的に節約できます。

あとむ
あとむ
例えば美容院に来店してもらったら、次に髪を切りたいタイミングでメッセージやクーポンなど自動で送れたらどうですか?

整形や医療系であれば、施術後に腫れや痛みはありませんか?などが送られてきて、さらに後日、別の部位気になりませんか?次はこの部位を綺麗にする人が多いですよ。

みたいなそんな感じの発信が自動できるとしたら、顧客満足度は上がりますし、リピーターは確実に増えると思いませんか?そういった細かいところをLステップでは仕組み化できてしまいます。

メリット5:セグメント配信で適切な情報のみを送ることができ濃いファンができる

LINEは自由にブロックができますが、一斉送信しかやらない場合は、ブロック率がかなり高まってしまいます。

例えばですが、サラリーマンと経営者では刺さる配信は異なりますし、女性や男性でも異なります。こういったところで、その人に合った適切な配信をできるのがLステップです。

ブロック率を下げることができますし、何よりも濃い顧客になってもらいやすくなります。よく来店してくれる人には特別な配信が届く。など限定感を演出することもできます。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは書ききれていないこともたくさんありますが、LINE公式アカウントだけ使っていてはもったいないことが伝わっていたら嬉しいです。

Lステップ導入メリットまとめ

1.商品販売の仕組み化でLINEが自動販売機になる
2.LINE内で自社アプリが作れて圧倒的差別化
3.顧客の見える化で分析・マーケティングが容易
4.セミナーや来店後のアフターフォローを仕組み化できる
5.セグメント配信で適切な情報のみを送ることができ濃いファンができる

LINE公式アカウントをさらに効率的にしたい方へ

Lステップには

・ステップ配信やセグメント配信
・リッチメニューの切り替え
・顧客情報の管理
・アンケートが実施できる回答フォーム

などさまざまな機能があります。
LINE公式アカウントをさらに効率的に使いたい場合は、Lステップの導入を検討してみてください^^

私のLINEアカウントでは実店舗の実例を紹介しております!実際にLINEで操作しながら直観的に学べるように作っているのでぜひ登録してみてください!

あとむ
あとむ
・LINEマーケティングの教科書
・Lステップの個別相談
無料でプレゼント中です!!

LINE友だち追加