WORK

【実体験あり】仕事が暇すぎてツラい。社内ニートを脱出する方法

仕事が暇すぎるとツライですよね。

たった5分も時間が経過するのが長いし、人生の時間を無駄にしていると考えてしまいませんか。

僕自身、2年間くらい仕事が暇すぎる環境で働いていました。

地獄みたいな2年間でしたが、その職場からはもう離れ、現在はフリーランスエンジニアとして働いています。

仕事が暇すぎてツライ。
暇すぎる環境から本質的に解放される方法はないか。

今回の記事では、こういった問題を解決できます。
僕自身の経験も踏まえて執筆していきます。

仕事が暇すぎてつらい理由

仕事が暇すぎてつらいのは、下記3つが理由です。

仕事のやりがいを感じることができないから
人生の時間を無駄にしていると感じてしまうから
スキルアップすることができず、将来が不安になるから

一般的には、仕事が忙しくてツライって意見が大半ですよね。
暇でお金がいもらえるならいいじゃん。仕事が暇すぎてツライとか贅沢」と思われかねません。

ですが、暇な時間をひたすら過ごすことで考え込み、
誰にも肯定されず、評価されず、何も生産しない毎日に
「自分はダメだ」とどんどん病んでしまうんです。

とにかく、自己肯定感が下がりまくります。

週に5日もやる気を奪われる環境からは、今すぐ逃げるために準備を始めましょう。

仕事が暇すぎてツライ。たった1つの本質的な解決策

仕事が暇すぎてつらい場合の本質的な解決策は、「転職」です。

転職をオススメする理由はこちらです。

暇すぎる職場では、スキルアップすることができないから
将来的に倒産、40代になってリストラの確率が高い
歳を取ってから転職するほど厳しくなるから

今の職場にいればいるほど、消耗するし、逃げるのも難しくなってきます。

行動するならば、できるだけ早い方が、後悔は少なくなるでしょう。

深刻な状態になってしまう前に、早いこと現在の職場を損切りすることをお勧めします。

ですので、仕事が暇すぎるなら転職する準備期間にしちゃいましょう。

では、準備期間でやるべきことは3つです。

どんな仕事がしたいのか考える
転職エージェントに登録してみる
転職のスケジュール感を明確にする

それぞれ解説していきます。

どんな仕事がしたいのか考える

やりたいこと仕事があるならば、その職業で探してみましょう。

もしやりたいことがないなら、こちらの記事を参考にしてみてください。

やりたいことがない人へ!自分に合った仕事の見つけ方 この疑問を解決します。 過去の僕も将来が不安で、「仕事がやりたいことがない」一人でしたが、今はそれなりに稼げるし、自由度も...

 

転職エージェントに登録してみる

次に、とりあえず、転職エージェントに登録してみましょう。

色々の業種の職業を見て、条件とか見てみると良いと思います。

基本的に、現代であれば、ITをうまく活用している企業がオススメです。

プログラミング、IT営業、動画クリエイター、広告代理店、サイト運営会社などです。

IT系の業界は今後も伸びていくので、まずは上り調子の企業で選ぶのがベターです。

エージェントに話を聞きにいくのもオススメです。

業界の動向を詳しく教えてもらえますし、自分に合った案件を用意してくれます。

とりあえずは、知るというのが大事。

使えるものは利用しつつ、うまく立ち回れるようにしましょう!

転職のスケジュール感を明確にする

転職、する前にスケジュール感を考えておくのも大切です。

面接する企業が決まると、内定が決まるまでおおよそ、2週間程度です。

2〜3社程度は面接を受けた方がいいので、なるべく面接日は近くしておきましょう。

先に内定をもらった場所に、心配だから決めてしまうと後悔もしやすくなります。

ですので、なるべく面接日をまとめて、選択肢がある状態にしておくのが大切です。

ちなみにですが、就職先に退社を知らせるのは、内定もらってからで大丈夫です。

おそらく引き継ぎがあるので、1ヶ月後〜2ヶ月後に退社となるはずです。

まとめ

仕事が暇すぎてつらいなら転職の準備期間にしてしまいましょう。

転職を考えるべき理由はこちらでした。

仕事が暇すぎるなら転職すべき理由3つ

暇すぎる職場では、スキルアップすることができないから
将来的に倒産、40代になってリストラの確率が高い
歳を取ってから転職するほど厳しくなるから

転職の準備期間では、こちらを決めましょう。

転職の準備期間でやるべきこと3つ

どんな仕事がしたいのか考える
転職エージェントに登録してみる
転職のスケジュール感を明確にする