モチベーション

筋トレ初心者向け!飲みやすいプロテイン【おすすめ5選】

筋トレ始めたし、プロテインも飲んでみようかな!!!っと思ってググってみたけど、プロテインって種類ありすぎて、どれがいいのかよく分からんな。

プロテイン選びって結構悩みますよね。
この記事では、筋トレ初心者が最初に選ぶべきプロテインを紹介しています。

 

記事を執筆している僕ですが、2019年2月から週2~4、トレーニングジムで筋トレをしていて、現在はパーソナルトレーニングも受けているため、しっかりと専門家から知識を得ています。

 

味に定評があるオススメなプロテインを厳選してご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ちなみに味で厳選したのは、筋トレといっしょで継続して飲むことができるのが一番大切だからです。紹介するプロテインはすべて僕自身が試飲しています。

3分ほどで読めてしまうので、サッと読んでみてくださいね!

【筋トレ初心者】知っておきたいプロテイン基礎知識


プロテインとは「たんぱく質」のことです。「たんぱく質」って英語で「プロテイン」っていうんです。

よくプロテインって聞くと、「筋トレをやめると太るぞ」「ムキムキになる薬」ってイメージの方もいるかもしれません。(僕自身は怪しげと思ってましたw)

ですが、ご安心ください。プロテインは魔法の飲み物でも、怪しい飲み物でもなく、普段食事から摂取している三大栄養素のひとつ『たんぱく質』です。

たんぱく質は筋肉だけでなく、皮膚や髪の毛、爪などをはじめとしたカラダの材料となり、酵素や免疫力の働きにも大きく関わるなど、人間にとって欠かせない栄養素です。

 

プロテインを飲むメリットは?

たんぱく質は体をつくる上でスポーツをする方ばかりでなく、スポーツをあまりしていない人にとっても大事なカラダをつくる成分です。

スポーツなどアクティブに体を動かす方の場合、たんぱく質が不足するとケガや筋肉ダメージへの回復が遅れてしまい、目標とする体づくりが難しくなってしまいます。

プロテインを飲んでいれば、効率的なたんぱく質の先週が可能となり、それを継続することによって、理想の体へと近づくための材料がひとつ整うわけです。

 

プロテインの種類は?

プロテインの種類は大きくわけて、動物性のホエイプロテインと植物性のソイプロテインがあります。「ホエイ」とは牛乳に含まれるたんぱく質の一種になります。

ヨーグルト上澄みに液体を「ホエイ(乳清)」と言いますが、この「ホエイ」に含まれるたんぱく質がホエイプロテインです。

「ホエイ」には他に、ミネラルや水溶性ビタミンも含まれています。
筋肉をつくるのに役立つ必須アミノ酸、BCAAも豊富に含まれおり、吸収がソイプロテインに比べて速いので、筋肉や体を大きくしたい人にオススメです。

 

一方のソイプロテインは「ソイ」、つまり大豆から精製されており、アルギニンが豊富に含まれているというメリットから代謝へのサポートが期待できます。

ですが、ホエイプロテインに比べて吸収が遅いので、体のウェイトを増やさず、引き締めたい人にオススメされています。

 

どんな基準でプロテインを選ぶべきか?

体を大きくしたい&筋肉を増やしたい方は、ホエイプロテインを。体を引き締めたい方は、ソイプロテインを試すのがよいと思います。

現在では、パウダータイプだけではなく、プロテインバーなど多様なカタチで販売されていますが、効率よくプロテインが摂取するには、パウダータイプがもっとも人気が高いようです。甘くて飲みやすいフレイバーが多いので、食事制限中の甘味として楽しむ人も多くなってきています。

おやつ感覚で手軽に摂取できるプロテインバーも近年人気ですが意外とタンパク質が少なかったりするので、成分表示でタンパク質量を確かめたうえ、自身の目的に合ったものを選んでいただければと思います。

 

絶対におすすめしたいホエイプロテイン【筋トレ初心者向け】

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味



プロテイン界の定番である「ザバス」のココア味です。水もしくは牛乳で溶かして飲むのが一般的(プロテイン愛好家たちの間)ですが、「牛乳でとくと本物のココアのように美味しい」という声も多いです。これなら、つらいトレーニング後のご褒美にもなってくれそう。さらに1日2回(約42グラム)を目安に摂れば、アスリートが1日に必要とする7種のビタミンB群、Cを補うことができる配分になっています。※たんぱく質量(一食分21グラムとして):15.0グラムとの表示

Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート



アメリカ、オーストラリアなど世界主要20カ国以上でマーケットシェア1位を誇る、「ゴールドスタンダード」社のホエイプロテインです。これは特に甘いのが苦手な人にオススメしたいプロテイン。ほかのプロテインと比べると甘すぎず、水に溶けやすく飲みやすいです。また、たんぱく質含有量も多いので個人的には一番オススメ。味の評判も高く、今後人気がますます高まるんじゃないかと思っています。※たんぱく質量(ワンスプーン32グラム中):24グラムとの表示

DNS ホエイプロテイン スーパープレミアム / チョコレート風味



アスリートの要望を追求して、日本で誕生したスポーツサプリメントブランド「DNS(Dome Nutrition System)」は、「食のエンジニア」として商品だけでなく、栄養・スポーツサプリメントに関する正しい知識の教育・啓発活動も行う信頼のブランド。「進化の実現には、継続が欠かせない」というコンセプトから、継続しやすいことにこだわるブランドです。水だけで飲める利便性、一回ですくえるスプーンなど、細部にまで継続しやすい商品づくりの工夫が見られます。※たんぱく質量(一食分34グラムとして):26.4グラムとの表示

絶対におすすめしたいソイプロテイン【筋トレ初心者向け】

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味


ホエイ同様にソイプロテインでも人気が高いのが、「サバス」のココア味。アスリートが1日に必要とされる7種のビタミンB群、Cも、ホエイプロテイン同様に配合されています。ホエイプロテインもソイプロテインでもどちらもココア味が人気な結果から、味のクオリティの高さは間違いです。※タンパク質量(一食分21グラムとして):15.0グラムとの表示

ボディウィング ソイプロテイン



大豆特有のにおいが抑えられており、飲みやすさを追求したソイプロテインです。砂糖や人工甘味料なし、さらに保存料・着色料なども加えていないので、余計なものを摂りたくない方におすすめです。また大豆も、国産の非遺伝子組み換え大豆というこだわりぶり。安心して飲めるソイプロテインと言えるでしょう。※タンパク質量(100グラム中):84.6グラムとの表示

 

【最後に】プロテインを飲むだけじゃ筋肉はつかない


プロテインを5つご紹介しましたが、正直、「このプロテインを飲んでいるから筋肉がめちゃくちゃついた!」とかそういった代物ではないです。たんぱく質なので普通にカラダにはいいんですけどね!!

プロテインは筋肉づくりに効果的なサポートをしてくれますが、ただ飲むだけでは筋肉はついてくれません。

しっかりトレーニングを行い、適切なたんぱく質を摂取するからこそ効率よく筋肉がついていきます。カラダづくりを少しでも効率よく行いたいという方は、ぜひプロテインの活用を検討してみてください。